『関ヶ原』

  文献・引用

司馬遼太郎先生の『関ヶ原』(新潮文庫、全3巻)を読み終わりました

徳川家康が勝つことはわかっているのでハラハラドキドキはしないんですけど、あの頃の石田三成にこの本を読ませてみたい、という衝動に駆られます

柔軟な思考を欠くことの罪、
みたいな話だと私は理解しました

この本は司馬遼太郎先生の本を粗方読み終わった後に読むべきかなと思います
めちゃくちゃ面白いのは『国盗り物語』『坂の上の雲』ですね

LEAVE A COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)