真田太平記(六)

  文献・引用

むろん、信幸とて謀略の効用をわきまえているが、謀略などというものは、生涯に三度か二度・・・・・・いや、煎じつめれば、
(一度のことでよい)
信幸の信念は、このことであった。
謀略に慣れては、かならず謀略に破れる。
見るからに悪人らしい面構えの悪人は、
「真の悪人ではない」
のである。

LEAVE A COMMENT

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)